リーダーに必要なコンセプチュアル・スキル  第11項目

「謙虚さ」

同時に 

「品の良さ」

「謙虚さ」と「品の良さ」をヘルムート・マウハー氏は同時に提示している。

ここでは、謙虚さとは、品の良さにつながると解釈しておこう。

「謙虚さ」とは、「傲慢さ」の反対語になるだろう。

「謙虚さ」は、他を尊重する態度だ。

これに対して、「傲慢さ」は、他よりも自らを尊重する。

「謙虚さ」は、何かを受け入れる余地を持っている。

他人や、他人の意見、価値観、

あるいは、新しい環境など。

これに対して、「傲慢さ」は、何かを受け入れる余地はあまりない。

「傲慢さ」は、「品のなさ」、つまり「下品」につながるが、

「謙虚さ」は、「品の良さ」につながる。

「傲慢」な人に、長くついていくことは難しい。

「謙虚」な人になら、ついていくことができる。

「品のない」人に、長くついていくことは難しい。

「品の良い人」に、ついていくことはできる。

人がついていきたいと思う人が、リーダーだ。

リーダーの条件として、

「謙虚さ」と「品の良さ」がある。