社長のためのポーター競争戦略 その1-14 「独立レーベルの例」-多数乱戦業界で生き抜く

イメージによる差別化を必要とするユーザーがいる場合。

例えば、ステージで講演するアーティストが、

大手のレーベルを嫌い、

「自分が築き上げたいと望んでいるイメージにピッタリの」

独立系や小さなレコードのレーベルを選んで契約する場合。

大手に取り上げられないから、小さなレーベルを選ぶのではない。

「業界が競って契約したがる人」である点が注意を要する。

この場合のアーティストは、

言わば「供給業者」だ。

ポーターの「5つの力」の一つ。

「供給業者の力」が強い場合にあたる。

音楽アーティストに限らず、作家、漫画家、画家などのクリエイターが、

「供給業者」になっている業界では、

上記のようなことをよく見かける。

このような業界では、大手による寡占化はできにくい。