「自尊心をもてない」という場合は、

問題行動が出てくる場合も多い。

自尊心を保ち、自分自身を尊敬し続けるためには、

「FAST」のキーワードの要素が必要だとされている。

「弁証法的行動療法 Dialectical Behavior Therapy」という長い名前のセラピー

(略称  DBT)が主張しているものだ。

1. 公正であること (be Fair )

2. むやみやたらに謝罪しない (no Apologies )

3. 自分自身の価値感を守る (Stick to values )

4. 誠実であること (be Truthful )

これらの要素を保てないと、

自尊心を持ちづらくなる。

過度な自尊心は、願い下げだが、

適度な自尊心、自信を持つことは必要だ。

「FAST」の要素を見ると、しっかりした価値観を持つことが重要なことがわかる。