B/Sバランスシート貸借対照表は 、

決算の時、「一年に一度だけ作成される」と

考えている人もいるかもしれない。

ところが、

ビジネス会計ゲーム「パチオリ」を経験してみると、

その考えは、まったく違ってていることに気づく。

会社が活動している間中、

B/Sは、休みなく変化しているのだ。

だから、毎日、刻々と作られているといってもいい。

会社は、誰かが、いくらかのお金を出資することからスタートする。

それから、会社とバランスシートは、休みなく動いている。

たとえ、会社が「休眠」」状態であっても

税務署からの通知は来るかもしれない(法人税、固定資産税、事業税など)。

銀行から金を借りていれば、

夜も休日も支払利息は発生している。

会社に変化があった時、

たとえそれが、ほんのささいな変化でも

バランスシートは変化する(金額に換算できるものという条件はつくが)。

「会社清算」の日まで、

バランスシートは、休みなく変化し続けている。

ところで、

P/Lは?

P/L損益計算書は、一年毎に「お役目ご免」となっていく。

継続しないのだ。

「フロー」を表すものだから…。