ここまで、多数乱戦になる経済的原因を見てきた(1-1から1-18まで)。

ここからは、この多数乱戦を克服する方法を考えていくことになる。

多数乱戦の業界は、統合を妨げている原因が取り除かれると、

業界全体が大きく変化してしまう。

アイオワ・ビーフ社(現在はタイソン)。

アメリカの肉牛業界の例だ。

従来は、小規模の牧場が多数あった。

多数の肉牛を飼うと、

水場と餌を求めて大群を移動させなければならなかった。

したがって、規模を大きくするメリットがなかった。

しかし、フィードロット法という大規模肥育方法が開発された。

1万頭以上の肉牛を囲い込んで、集中的に高カロリー飼料を与える方法だ。

この方法によって、規模の利益が生まれ、大手業者に集中化していった。

多数乱戦の業界だったが、寡占業界に変化したのだ。