社長のためのポーター競争戦略 その1-22  「原因を経営から切り離す」-多数乱戦業界で生き抜く

分割されている業界をまとめあげていくにはどうしたらいいのか?

ポーターは5つの方法を挙げている。

その3 「多数乱戦となっている原因を経営から切り離す」

ポーターは言う。

「まず、多数乱戦になっている原因は、取り除けないと認めよ」

「次に、その原因が経営に及ぼす影響を断ち切る戦略を取れ」

それに成功したのが、

ファーストフードでは、マクドナルド、ピザ・ハットなど。

不動産斡旋業のセンチュリー21。

ポーターは、面白い例も挙げている。

キャンプ場経営のKOAという会社だ。

これらは、キメ細かいサービスが必要で、

幹線道路沿いなど多くの小規模の拠点も必要だ。

これが、乱戦となる主原因だ。

これは、認めざるをえない。

しかし、知名度を上げるマーケティング活動や仕入の面では、

規模の経済性が活かせる。

原因を認めた上で、経営から切り離す方法とは…?

「フランチャイズ制」だ。

オーナーはそのままに、全国規模のフランチャイズに加盟し、

小規模のメリットと、大規模のメリットを得られるというわけだ…。

セブンイレブンなどのコンビニの成功も、このシステムによるものが大きかった。

当初は、町の酒屋さんがコンビニに転換した。

少し違うが、ヤマト運輸の宅急便でも、家庭からの荷物の拠点として、

米屋さんが大きな力になった。

キメ細かいサービスと規模の経済性をどう両立させるか、

知恵の絞りどころだ…。