「分厚い企画書ではなく、ひとつの言葉」

「そこから仕事が始まる」

AKBのプロデューサー秋元康氏。

「東京ドームまでは1830mなんですよね」とあるスタッフが呟いた。

それが始まりだった.。

秋葉原から、お茶の水を経て、東京ドームのある水道橋へ。

駅で言えば、たった二駅。

その距離は、1830mだ。

AKBにとっての「夢」までの距離。

これほど、近くまた遠い距離もないだろう。

憧れの東京ドーム公演まで。

多くの人の想像力を刺激する一つの言葉。

当たり前のことの中にみつけられた「あっ」と思わせる新鮮な切り口。

それは、「コンセプト提示の瞬間」と言ってもいいだろう。

たった一言が、「ビジョン」を創る。

時代を創るプロデューサーの仕事術が垣間見えた気がする…。