米国中西部の「コーンベルト」と呼ばれる一帯。

今年、5月から雨らしい雨が降っていない。

50年ぶりの大干ばつだ。

そのためトウモロコシの出来が極端に悪く、価格が高騰している。

アメリカでは、トウモロコシは、バイオエタノール燃料としても使われる。

「ガソリンにエタノールを混ぜなければならない」という規制がある。

2011年には、アメリカのトウモロコシの約4割が、バイオエタノール燃料に使われた。

この規制も見直さなければならなくなっている。

トウモロコシは、牛や豚の飼料に大量に使われている。

中国などでは、食生活の欧米化で肉の需要も増えている。

飼料としてのトウモロコシの需要も増加している。

トウモロコシの価格が上がることで、牛肉や豚肉の価格が上昇することが懸念されている。

2007年から08年にかけて、世界的な食料価格の高騰があった。

食料の価格上昇は、基本的な生活費を直撃し、社会不安を招く恐れもある。

今後の食品価格の動向に注意が必要だ。