民主党のオバマ大統領が、次の4年も政権を担うことになった。

しかし、上院では民主党、下院では共和党が多数を握る「ねじれ状態」は続いている。

米国では、来年初めに

①共和党のブッシュ大統領時代の大型減税が期限切れを迎える(実質の増税)

②強制的な政府の歳出の削減の始まる

という「ダブルパンチ」を迎える。

このダブルパンチで、

「崖から落下するような急激な財政の引き締め」が起こってしまう可能性がある。

これが「財政の崖 フィスカル・クリフ fiscal cliff」問題だ。

議会がこれを止めるために何らかの合意できないと、景気後退と金融市場の混乱を招く恐れがある。

オバマ大統領、民主党、共和党の間で、

「短期的な危険を避けつつ」、

「長期的な債務状況に関して一定の安心感を与える」ような

「合意」ができるかどうか?

年末まで残された時間は少なく、成り行きが注目される…。