世界のリスクとして、「JIB」が挙げられた。

JIB とは、Jqpqn, Israerl,Britain (日本、イスラエル、英国)を意味する。

毎年年始に、イアン・ブレマーのユーラシア・グループという地政学研究所が、その年の「世界の十大リスク」を発表している。

今年は、その5番目のリスクに、「JIB」という言葉が出た。

この三カ国には、共通点がある。

世界の潮流に反してしまうポジションにあることだ。

・日本は、中国の台頭に、

・イスラエルは、中東の(春)の爆発に、

・英国は、欧州の低迷に、

直面している。

これらの三か国は、

・今までは、アメリカとの強い結びつきによって、主要な役割を担うことができていたが、

・現在の世界の潮流に主要な役割を演じるチャンスは少なく、

・内政問題も抱えている

という共通項がある。

中国にとって、日本の必要性は小さくなり、両国の間の危機は大きくなるという見通しだ。

一方、中国もまた「情報開示」」というリスクに直面している(このリスクは、今年2番目のリスクにランクイン)が…。

日本、イスラエル、英国を、一まとめにして、共通性を挙げ、現在の世界の潮流に対する「構造的負け組」と断じたところは、切れ味がいい。

ここから、どのように日本のポジションを変えていけるのか?

我々の智恵が試される。