今から4年半前。

2008年9月15日にアメリカの証券大手リーマン・ブラザーズが破綻した。

負債総額は約64兆円。

史上最大の破綻だった。

初めは「コトの重大さ」は、よく理解されていなかった。

しかし、一月ほどして、本格的な世界規模の金融危機が始まった。

日経平均の株価は、9月12日の12214円から、

10月28日には、6994円まで、半額近く暴落した。

今、いよいよ日経平均がリーマン前まで回復しようとしている。

残りあと250円ほどだ。

この壁を超える心理的効果は大きい。

「リーマン後」と語られる時代も終わろうとしている。

今週、米国の株価が過去最高値を更新した。

FRBによる金融緩和、

大手企業の復活、

シェールガス革命による生産コストの低下などが背景になっている。

日本でも

「アベノミクス」がタイミングよく打ち出され、アメリカと同じ波に乗る準備が整った。

「アベノミクス後」という時代が始まりそうだ。

しかし、リーマンの破綻の原因となった「サブプライムローン」のような問題は、また

生まれるのかもしれない。

歴史に学び、警戒は必要だ。