「理財商品」という金融商品が、中国国内で投資商品として提供されている。

現在、年率5%程の利回りのようだだ(定期預金は3%弱だが…)。

「理財商品」は、銀行の預金や融資というルートではないお金の流れ。

この流れは、「陰の銀行」とも呼ばれている。

お金は、地方政府の投資先に流れ込んでいる。

中国の夢の高度成長期は終わった。

しかし、地方政府では、まだまだ「夢」を追いかけているだろう。

投資された資金が、うまく回るのかは疑問のところだ。

地方の隠れ債務が膨れ上がり、かつてのアメリカのサブプライムローンと似た状況になると、

投資家のジョージ・ソロスも警鐘を鳴らしている(日経新聞4月21日)。

中国では、3月に新政権が誕生した。

「新指導部が発足して5ヶ月以内に、前政権のツケを一掃する」

という法則があるという。

この法則が真実だとすると、

今年の夏ごろ、「理財商品」や地方の隠れ債務問題に対して、規制の強化などが行われ、

金融にも激震が走るのではないかと危惧されている…。

注意が必要だ。