福沢諭吉は、かつて「理想のビジネスパーソン(「実社会の大人」)」 について説いた。

思想、心の持ち方(「心術」)、才能、身体の4つの条件について触れている。

1.「思想の深遠なるは哲学者のごとく」、

2.「心術(しんじゅつ)の高尚正直なるは元禄武士のごとくにして」、

3.「これに加売るに小俗吏(しょうぞくり)の才をもってし」、

4.「さらにこれに加うるに土百姓の身体をもってして」、

「初めて実業社会の大人たるべし」

哲学者のように深い思想、元禄時代の武士のように心根(こころね)の真っ直ぐで高尚なこと。

「小役人」のようにソツなく物事をすすめる才能、さらに頑健な身体ということだろう。

「小役人」の才能というのは、現代では少し「違和感」があるかもしれない。

ここでは、「才能」よりも、「思想」と「心術」が大事なんだよという福沢先生のメッセージを受け止めたい。

「哲学者のごとく深遠な思想」とは何だろう?

それは、ドラッカーの有名な五つの質問の第一番:

「我々のミッションは何か(What is our mission)?」

に対する答えだと考える。

経営者は、

「なぜ(why)?」

「何のために?」

という問いにこそ答えなければならない。

また社員全員が答えられるようにしなければならない。

「志(こころざし)」を忘れた組織は、「思想」も「心」もなく「技術・才能」だけの組織になり、

衰退していく・・・。