名経営者として知られたジャック・ウエルチ。

彼は、また、リーダーの教育にも力を入れた。

ウエルチは、リーダーには、「エナジャイズ」という能力が求められると言っている。

「エナジャイズ」とは、「人に元気をもたらすこと」だ。

「やる気」と言ってもいいが、もっと「エネルギー」を感じる。

ウエルチは、もちろん、リーダーに自分自身の活力、「エナジー」も求めている。

しかし、リーダーだけが張り切っていても組織はうまくいかない。

そこで、リーダーには、人を元気づける能力、「エナジャイズ」を求めた。

「俺についてこい」という元気もいい。

しかし、伸びる環境、やる気になってしまう環境を整備していくのもリーダーの役目だ。

伸びる環境を静かにつくるリーダーを「庭師型リーダー」と呼んでおこう。

リーダーに活力を与えられたという体験も素晴しいものだ。

しかし、気づかないうちにやる気になっていたというのもまた素晴しい…。

人を元気づける方法は様々で、自分なりのやり方ができるだろう。