消費者は、「価格」にどの程度、意識的なのか?

どのくらい知覚しているのか?

興味深い調査(ディクソンとソーヤによる)がある。

スーパーマーケットでカートに商品を入れた人に、

「今、カートに入れた商品の値段を覚えていますか?」と尋ねた(30秒経ってから)。

どのくらいの人が、正確に(誤差5%以内)思い出せるだろうか?

約半分(55%)の人が答えられた。

同じように尋ねても、「ブランド」と「会社名」についは、37%の人しか答えられなかったのだ。

価格については、かなり意識していることがわかる。

しかも、ほとんどの消費者は、同じカテゴリーの他の商品と比較して、「高い、安い」を覚えていたということもわかった。

消費者の価格判断は、「機能」や「品質」だけではない心理的な要素が大きいことがよくわかる調査だ…。