ピーター・ドラッカー「経営者にとっての重要な質問」 その4「われわれにとっての成果は何か?」

ミッションが実際にどれだけ成果を上げたのか、

上げているのかを知らなければならない。

「きれいなミッション」、

「美しいミッション」を掲げることはできる。

しかし、実際に、どれだけ組織の成果を上げることができているのか?

できたのか?

それが問われる。

「組織の成果は組織の外にある」とドラッカーは言う。

「実際に、何かを変えることができたのだろうか…?」

成果には、「定性的」なものと、「定量的なもの」がある。

成果だから、何でもかんでも「定量的」でなければならないと考える人もいる。

しかし、それは、間違っている。

「主観的で計測が困難なものであっても、それは『現実』のものだ」

計測可能な指標を求めて、活動が本来のミッションを見失ってしまう場合もある。

成果は、あくまで、「質問その1」で答えられた「ミッション」の評価である。

「何を変え、どのように覚えられたいのか?」

に対して、

「どれだけ変え、どこまで覚えられたのか?」

の答えを求めるために、成果を見つめる。

ドラッカーは、ミッションに対する組織の「責任」を求めている。