何気ない曲だ。

昔からよく知っていたような歌。

でも一度聞いたら忘れられない…。

演歌歌手の新沼謙治が、自ら作詞作曲。

故郷の岩手県大船渡市の復興の願いを込めた。

そして、震災と同じ年に亡くなった妻への想いも…。

昨年11月の曲の発売を経て、4月のNHK「歌謡コンサート」で児童合唱団とともに出演。

全国の学校や合唱団から「歌いたい」という大きな反響が寄せられている。

日本コロンビアでは、ホームページで、楽譜の無料ダウンロードで対応(7月31日まで)し、

7月には、「シンフォニック・バージョン」のCDを再度発売することになった。

すべてを失ったなかでも、

「ふるさとは今も変わらず」というメッセージで、

前へ歩いていこうという気持ちも生れてくる

明るさのある歌だ。