「舵のない舟」は、波間を漂う。

ぐるぐると同じところを回り、風に流され、波に遊ばれ、大海の中に行方も知れない。

「くつわ(轡)のない馬」は、気ままに走り、足を止めて草を食み、

物音に驚き、また急に駆け出す。

どこへ行くというあてもない…。

「志立たざれば、舵なき舟、轡なき馬の如し」(王陽明)

「志」が必要なのである。

「志」のない経営は、波間に漂う舟、あてもなく走る馬となってしまう。

「志」は、「経営理念」とも「ミッションステートメント」とも言われる。

人は、「意味」を必要とする存在だ。

「何のために」という問いに答える意味だ。

「無意味」なことの繰り返しには耐えられなくなる。

組織に「志」があるものは、強い組織だ。