問題解決とは、「より良い未来」へへと導くことだ。

現在の課題が「解決された未来」だ。

問題解決を手伝おうとする場合、本当のニーズに焦点を合わせないと

ピンボケになってしまう。

本当のニーズが隠されている場合もある。

本人も気づかない場合もある。

本当のニーズを知るためには、その課題の背景を知る。

そのような状態にいたった背景。

そして、「望ましい未来」の背景。

背景(「コンテキスト」)を共有しないと真の「意味」がわからない。

「背景」を知るためには、「相手の立場に立って」聞いていくことが必要だろう。