以前、経営者の方や経営コンサルタントの有志で「真・善・美」経営研究会という勉強会をやっていた。

久しぶりにそのときのメンバーの方が来訪された。

話の中で、「KATO理論」と言う言葉がでた。

研究会で私が発表した内容を思い出させてくれた。

それは、「顧客」への愛、顧客からの愛を指すものだ。

ビジネスの究極に「愛」」がある。

人間の関係性で、最も深く強いものは、「愛」だ。

愛は、強い結びつきをつくる。

「ご愛顧いただく」ということがあるが、それは顧客に「愛される」ということだ。

「愛」は、「ファン」であることよりももっと深い。

愛されるためには、愛するということが先に立つ。

相手の立場に立っているだろうか?

顧客を「愛している」のだろうか?

省みる。