1970年代の始め。

子供が3人もいて、給料だけでは食べられない、「社長になりたい」と、ととりあえず会社を作った西川さん。さて何をしようかとフラフラと街を歩いた。

ある商店のシャッターに貼ってあった汚い手書きの「駐車お断り」という貼り紙を見た。

普通の人は、「汚い字だな」などと思って通り過ぎる・・・。

しかし、起業家の西川さんは次のように考えた。

1.「ここに貼り紙をしないといけないくらい車が停まるのか!」

              ↓

2.「困っているのは、この商店だけではないのでは?」

              ↓

3.「駐車禁止」の看板を売れば、かなり売れるのでは?

 結果=「駐車禁止」の看板は、飛ぶように売れた。

その頃、ちょうど自動車が一挙に普及する時代だった。

西川さんの会社は、自動車そのものではなく「駐車」というものをビジネスにした。
看板販売から「パーキングメーター」販売、さらに時間貸駐車場「タイムズ」の展開へ。

現在の「パーク24」という会社だ(現在の社長は二代目)。

今日もどこかで、形を変えた「駐車禁止」の看板の需要が生まれている。

それを見つけるのが起業家というものだろう・・・。