今では、すっかり有名となった「PDCAサイクル」。

今日も多くの会社で、上司から「PDCAはちゃんと回っているのか?」と問われている人がいるだろう・・・。

PDCAは、Plan(計画)→Do(実行)→Check(評価)→Act(改善)の4ステップを表わす。

このサイクルを提唱したのがエドワーズ・デミング博士。

従って、このサイクルは、「デミングサイクル」とも言われる。

博士は、戦後、日本の製造業を指導し、品質を格段に向上させた人だ。

デミング博士は、「PDCA」から「PDSA]へ考えをさらに発展させていたということを最近知った。

「S」とは、「Study 研究」の「S」。

「評価」よりさらに進んで深く「研究」することが必要ということだ。

環境の変化の激しい時代に、組織は、常に「学習する組織」であることを要求されている。

計画(Plan)の元となった基準や前提さえも検証しなければならない。

「Check」から「Study」へ。

新しい時代の「学習し、進化する組織」には、「PDCA」ではなく、「PDSAサイクル」を回していくことが相応しい。