ツイッターなど、インターネット上では、日々膨大な情報が生まれている。

ツイッターだけで、1日に12テラ(兆)バイト??という情報量だそうだ。

それだけではない、ネット通販の情報であったり、JRのスイカカードの使用情報であったり、(あるいは防犯カメラの情報であったり?)、膨大な情報が「クラウド」に蓄積されいていく・・・。

これらのビッグデータは、いろいろな分野をつなげ新たな産業を生むものと期待されている。

エネルギー、都市生活、医療、ロボット等等。

しかし、ビッグデータを使って、こうした今まででは考えられなかった「つながり」を見出し、創りあげる人材がいない。

経済産業省では、これまでの「高度IT人材」とは異なる「異端人材(つまり「異端児」)」を必死で探すことを始めた・・・。

つまり「スティーブジョブス」みたいな人。

あるいは、もっと大きな構想力を持つ人を。

一方、日本企業におけるIT活用も、今までは主に「会計処理」や「商品の受発注」などの合理化だった。

これからは、欧米企業のようにビッグデータから「事業戦略策定」のような「価値の創造」ができる人材が必要とされる(元橋東大教授-日経新聞)。

「ビッグデータ」の時代には、それに相応しい大きな夢(ビッグドリーム)、大きな想像力(ビッグイマジネーション)を持った人材が必要だ。