ビジョンとは、「前進するためのしくみ」だ。

ビジョンがないと、毎日の日常の中に埋もれて時が過ぎてしまう。

自分らしさを守るのはいいが、保守的になってしまう。

そんな時、「挑戦的で大胆な目標」、「大きなゴール」 を打ち出す。

現在の延長線上からは出てこないような「未来の姿」。

それがビジョンだ。

「ウソでしょ?」

「本気なのか?」

「まさか!?」という多くの声・・・。

しかし、リーダーが本気で語り続けると、

「もしかしたら・・・?」

「ひょっとして?」

「もちろん、そんなことができたらいいけど・・・」

などという声も少しずつ上がり始める。

1960年代のアメリカのケネディ大統領の「月旅行」、

キング牧師の「私には夢がある(公民権運動)」、

ガンジーの「インド独立」。

いづれもビジョンが歴史を前へ動かした。

ビジョンは、前進するための必要な「しくみ」だ。

個人にとっても、組織にとっても、また今の日本という国にとっても。