目標は、「現在」から「未来」へ至る考えだ。

目標は、「頑張るべき」ものだ。

目標は、時には「苦しい」ものとなる。

それに対して、

ビジョンは?

ビジョンは、「未来」から「現在」へ至る道だ。

ビジョンは、「幸せな状態」だ。

ビジョンを考えることは、「楽しいもの」、「楽しい状態」を考えることだ。

それでは、具体的な「ビジョン思考法」とは?

ビジョンを深く心に浸透させる。

ビジョンが「実現している状態」になる。

そのためには、「イマジネーション」がいる。

「想像力」だ。

「実現している状態」に至るのは、いつだろう?

実は、「未来」ではない。

「今」が、その時だ。

こころの中で、「今」実現している。

それから「既に実現してしまった未来」から「現在」を観る。

すると「まだ実現していない事柄」、至急埋める作業が見えてくる。

それが課題だ。

「ビジョン」の中に、「目標」が、課題として隠れている。

これらの課題を埋めていくと、「ビジョン」が「現実」においても「実現」している。

ビジョンから考えていく「ビジョン思考法」は、「楽しい」「幸せな」状態から考えていくのであるから、苦しいことはない。

必要なのは、イマジネーションだ。

「目標」の前に、「ビジョン」を持ちたい。