需要に対して供給が過剰である現代。

企業が顧客から選ばれるには、他社との明確な差別化が必要となっている。

これまでになく、他社にも容易に追随されない新しい価値の提案だ。

また、これらの価値は顧客起点でなければならない。

顧客からみて、メリハリの利いたものでなければならない。

これまでの既存の価値提案から、

1.余計なものは、「捨てる」

2.過剰なものは、「減らす」

3.不足しているものは、「増やす」

4.無いものは、「足す」

こうした作業をすると、まったく新たな形が現われる。

この作業は、「生け花」のようなものだ。

集められた花が、まったく新しい作品として、姿を現す。

「捨てる」、「減らす」、「増やす」、「足す」は、

価値創造のための基本となる「四則演算」だ…。