普通「経営」というと一般社員には関係がないことと考えがちだ。

しかし、「どんな小さな仕事にも経営がある 」という松下幸之助氏の言葉がある。

「どんな小さな仕事にも工夫があり、知恵を働かせる余地がある」

「仕事に使われるか」、それとも「仕事の主人公となって取り組むか」という違いでもある。

仕事の主人公となってみれば、興味も沸いてくる。

興味が沸いてくれば、いろいろな気づきが生まれる。

「工夫の余地」も見つかってくる。

「こうしてみよう」「ああしてみよう」という知恵も働かせることにもなる。

これが、松下さんの言う「経営」だ。

それに「どんな仕事にもお客様がいる」ということを付け加えることができる。

「お客様の立場に立って」仕事をしてみる。

そういう意味では、「仕事に使われる」こともまた必要だ。

「わがこと」として、主体的に仕事に取り組むとともに

「顧客の立場にたって」、我を捨てて、仕事に取り組む。

この両者が必要であろう。

「どんな小さな仕事にも経営がある」というのは、

好きな言葉だ…。