誰にとっても「自尊心」、「プライド」は、非常に大切なことです。

「他人から認められること」と言ってもいいですよね。

我々が結局、渇望していることでしょう。

有名なマズローの「5段階の欲求」。

4番目に位置するのが、「承認の欲求」です。

1番目が「生理的欲求」、2番目が、「安全の欲求」、3番目が、「所属と愛の欲求」で、4番目が「承認の欲求」で、
その上の5段階(最高段階)には、「自己実現の欲求」があります。

自分の可能性を最大限に発揮したいという「自己実現の欲求」は、普通の人には、なかなか手が届かないという

領域です。

そうすると、4番目の「承認の欲求」が、通常の場合、最も高いレベルの欲求あるいは欲望になります。

「自尊心」を満足させてあげることが大事ですよね。

これを他者を尊重するという意味で、「他尊心」と言うべきではないかと考えました。

人を尊重し、承認を与える、良い悪いの「価値判断」を控えて、「認める」「受け入れる」ということ。

「他尊心」、この言葉が日常語になると良いなと思います。

「あの人は、他尊心が高い人だね・・・」