感謝するということは、相手の価値、相手の行為の価値を認めることだ。

感謝することによって、結果として相手の価値も上がる。

しかし、よく考えると、実は感謝した人の価値も上がる。

感謝される側にしてみると、たとえ何でもないことでも感謝されると嬉しいものだ。

感謝していただくことこそ申し訳なく尊い感じがする。

感謝する人の方が素晴しいという感じもする。

感謝は、する人、される人、双方の価値を高める。

感謝の対象が広がっていくと、さらに大きな価値向上、価値創造になる。

「価値創造」の第一歩は、「感謝」ということになる。

誰かや何かを大切に思い、その有難さに気づく。

そんなところから始まる。