日本では、株式を公開している企業には、四桁の数字の「コード番号」がつけられる。

しかし、ニューヨークの証券取引所では、アルファベットのコードになる。

例えば「アップル」は、「AAPL」だったりする。

ここで、「LUV(ラブ)」というコード名を持っているアメリカの航空会社がある。

今度、ダルビッシュ投手が行くテキサス州を本拠とするサウスウエスト航空だ。

機内で乗組員が(乗客を楽しませるために)大騒ぎする?ちょっと変わった格安航空会社というのが日本で知られているイメージだろうか。

しかし、いつのまにか世界最大の乗客人数を誇る大航空会社になっていたのには驚いた。

創業以来、一度も赤字になっていないというのも凄い。

この航空会社は、「顧客より従業員を大切にする」航空会社としても知られる。

顧客から従業員に対する不満が着たら、「他のエアラインに乗ってください」と言うらしい。

そのリクツが、少しわかった。

サウスウエスト航空の基本理念だ。

「一番大切なのは従業員だ。あなたが従業員に接する態度は、そのまま従業員が顧客に接する態度になる」

従業員を大切にすることが、顧客を大切にすることにつながる。