「ビジョンが現実をつくる 」ということ。

ビジョンは、「願望」と違って、他の人に伝わるものだ。

他の人に伝わらないものは、「ビジョン」とは言えない。

ビジョンが先行し、現実が後からついていく。

「ビジョンが現実をつくる」ということは、よく考えると、

「ビジョンを持っている人」

が現実をつくる」ということになるだろう。

普通、自分だけでなく、周りの人も含めた未来を予測したり、未来をつくろうとする人は、あまり多くない。

「フォローワー(ついて行く)」という人が圧倒的に多いような気がする。

「ビジョンを持った人」が、未来の絵を描くと、賛同者が出てくる。

賛同者が多くなるほど、ビジョンの実現が近づいてくる。

アップルのスティーブ・ジョブスは、未来を見ていた、という。

実際は、その夢に共感したフォロワーが、その絵を実現したということになるんだろう・・・。

リーダーの定義として、いろいろあるが、

「ついてくる人がいる人」

というのが最もシンプルだ。

ビジョンもまた、「共感する人のいないビジョンは、ビジョンではない」ということになる。

ビジョンには、共感、共鳴が必要だ。

自分だけではなく、人も幸せになる、ワクワクする、といったような内容が共感を呼ぶ。