北朝鮮の指導者、金総書記が死亡した。

後継は、28歳の息子の金正恩氏となった。

朝鮮は、今後、ゆっくりと南北統一へと向かうものと推測した方が自然だろう。

韓国4500万人、 北朝鮮2300万人の合計6800万人となる。

その他に、統一ということになれば、中国側に住んでいる朝鮮族などが戻る可能性もある。

この地域では、大国の思惑が交差し、一筋縄ではいかないが・・・。

また、統一となると、そのコストを誰が負担するのかが問題となる。

東西ドイツ統一の時の東ドイツは、一応、経済機能があったのだが、北朝鮮の場合は、その点でも難しい。

ところで、2012年は、北朝鮮情勢にも関わる国家の指導者交代の可能性がある年になる。

1月  台湾の総統選挙。

3月  ロシア大統領選挙。

10月 中国指導部交代。

11月 アメリカ大統領選挙。

12月 韓国大統領選挙。

日本も総選挙の可能性が高まっている。

今回の北朝鮮の指導者交代は、そのさきがけとなった。

政治の面では、もう2012年が始まってしまったといえる。