世界最高峰のクラブチームである「バルサ」こと「バルセロナ」が、本日の決勝に出場する。

バルサのサッカーは、見ていて楽しいし不思議だ。

とりわけ、メッシ。

メッシは、アルゼンチン代表のFWでもあるが、いつもやっているこのクラブでの動きは滑らかだ。

メッシを見ていると、ボールがないときは、ゆっくりと歩いていたり、止まっていたりする。

ボールが来ると意表をついた方向へ、意表をついた出し方で、パスを出したり、走り出したりする。

「遊んでいる」という感じだ。

「ボール」という不思議な生き物の不思議な動きと遊んでいる。

ボールがメッシンの足に「吸いついている」と言われる。

メッシもまたボールそのものになったような感じで転げだす・・・。

日本のサッカーも相当レベルが上がってきたのだが、この「遊び」が見える選手は、まだあまりいない。

以前のカズ、三浦知良には、そのような感じがあったが・・・。

「遊び」は、最高の技術に裏付けられたものなのだろうが、日本の選手にも遊んでいるように

プレーをする選手がもっと出てくることを期待したい。

観客としても、それがとても面白い。

さて、今夜の「最高の遊び」はいかに・・・。